happy-wingのブログ

happy-wingは婚活に悩む方だけでなく、日常のブログとしても反映させていただきたいと思っています。

悲しい思い出15

私達の介添えで実家に上がり込んだ母は、叔父夫婦をあとにして祖父母の仏壇へと向かった。


叔母が椅子を用意してくれると、母はどっかりと座り込んだ。


「よくこれたね、何時に帰るの?」
という叔父の言葉を聞いた母は、ホッとした表情となった。


私は、叔父夫婦にお弁当を運んできてもらった礼を言った。


本当は母のために作ってくださったようだが、薬の副作用で食べることができなくなってからも、私のためにと時々作ってもってきてもらっていた。


私達は、病院には夕方までの外出だと告げた。


それならば、もう少しここにいればいいという叔父に母は、姉のところにも行きたいといって実家を後にした。


伯母の家に行くと、玄関から少し入ったところに大きなソファが一つ置かれていた。


伯父が伯母の頼みをきいて、置いてくれたものだった。


「もう、あのまま元気な姿では会えないのかと思っていた・・・。」という伯母に母は涙ぐんでいた。


実家の叔父のところよりは長く居たものの母は、帰り支度を始めた。
いつもならもっと伯母と話し込む母であったが、やはり体力がないらしい。


病院に帰る時刻まで、あと2時間となった車中で母はいきなり言い出した。


「焼き肉を食べに行こう!」
私と弟は思わず母の顔を覗き込んだ。