happy-wingのブログ

happy-wingは婚活に悩む方だけでなく、日常のブログとしても反映させていただきたいと思っています。

悲しい思い出6

翌日、病院の母がいる個室の部屋に私が訪れると、母が不機嫌な顔をしていた。


「もう、今度の女医さんときたら時間どおりにきてくれないから朝食が思うように摂れない!」
と私に不満を言った。


今度の研修医も女医さんであったが、母は時間にズレがちな女医さんだからとあだ名をつけだしていた。
人呼んで”ルンルン先生”


遅刻しても悪びれることがないというところから、母はこのあだ名にしたそうだ。


ルンルン先生は、前のまじめな研修医の彼女と違い、とにかく学生気分がとれない雰囲気の女性だった。
そろそろ長い入院生活となりだしていた母にとって、ルンルン先生には不満が多かったようだ。


けれど、そんなことよりも母の貧血はドンドンと悪くなった。


そんなある日の午後、ルンルン先生が病室にやってきた。


「この間からずっと血液成分が落ちてきていますが・・・、特に血小板が4を切りそうになっています。
このままでは、命にかかわりますから輸血しますね!」
と、ルンルン先生は私がいる前で母に告げた。


母は、いつになくルンルン先生にむかって怒りだした。


「輸血なんてとんでもない!
私の父は輸血をした直後に血を吐いて死んでしまったんですよ!
どうせ死ぬのなら、父と同じような死に方はしたくありません。!お断りします!!」


その後、ルンルン先生は2,3日ほど病室にきては母の説得をしたが、母はルンルン先生の話に聞く耳をもたなくなってしまっていた。


それからは、ルンルン先生代わりに主任先生がやってきた。
主任先生は血液の分野が専門だという。


しかし、この主任先生がやってくると決まって母は怖がったのだ。


後になれば、病態が悪化していく母に対しては明るい顔ができなかったらしいが、母が主任先生につけたあだ名は”死神”だった。
音もなく不意に現れて、暗い顔をされるので、昼間でも怖いという意味だそうだ。


死神先生もルンルン先生と同じく、母は話を聞こうともしなくなった。


それでも死神先生は毎日やってこられたが、今度は私に話しかけられた。


何故、あれほどかたくなに輸血を母は嫌がるのか?
どこかの宗教に入信しているのか?など、私がすぐには答えられない質問ばかりだった。