happy-wingのブログ

happy-wingは婚活に悩む方だけでなく、日常のブログとしても反映させていただきたいと思っています。

悲しい思い出38

T病院の駐車場に着いた私は、軽車両の中の母を連れ出すために病院の入口を探した。


駐車場に降りた私の視界には3棟の建物が見えたので、どこの建物に病院の受付があるのかわからなかった。


しばらくすると、男性が歩いてきた。
その男性に病院の受付を尋ねた私は、いちもくさんに受付のある建物に走っていった。


「こんにちは!電話した者ですが、車椅子をお借りします!」
玄関先を入ってすぐの受付の女性に挨拶もそこそこにして、私は病院の車椅子を借りて、再び軽車両にいる母の元へとかけていった。


母を軽車両から出そうとした時、病院の建物から看護師さんたちが助けにきてくれた。


母を無事車椅子に座らせたのを見届けた運転手の彼女は、静かに車を動かして去っていった。


T病院では、大病院から既にカルテを入手していたらしく、とりあえず母は新しい病室へと運ばれていった。


私は、T病院からの入院の説明を受けることになった。
それが終わると母のいる病室へと案内された。


母は相変わらず身体の痛みを訴えていた。
けれど、どうにもならなかったが個室ゆえに誰かに迷惑をかけるという心配はなかった。


母があまり痛がるので、私は仕方なく母が好みそうな歌を歌った。


大病院では決し出来なかったことであったが、病室の窓の外は自然豊かな山川の風景だった。


T病院・・・、街中にあった頃のこの病院は中規模の病院であったが今や保養所のような病院だった。


母が医師を目指すきっかけとなったのはT病院の当時の副院長先生であり、学生時代の初恋の人だったそうだ。
そして、その副院長先生が亡くなったときに気力を無くした母は、医師の道をあきらめてしまった。


私は母と縁があった当時の副院長先生の身内の誰かがいるのではないかと思いだしたのだった。

悲しい思い出37

T病院に行くへと行く道、私は車窓から街を眺めていた。


母は、幼き頃から子の年齢になるまで胃腸薬を手放したことがないくらい消化器系が弱い人だった。
だから、本人はもとより周囲の者まで短命だと思っていた。


前回の長期入院から月日は流れ、3か月間でしか入院できないという規約がなされていた。
まだ治療の段階なのに・・・、そうはいっても母の脳の前頭葉の部分がわずかに委縮していること、そして反応が遅いこと、薬害による糖尿病との闘い、全部病院のせい、他人のせいにしたかったが、そんなことをくよくよ考えても今の私たち親子には何も役立つものはなかった。


今回、倒れるまで母は何か所かの会の役員をしていた。
けれど、もう何もできない。
母の日常生活は終わり、闘病生活となってしまった。


軽車両の介護タクシーの居心地の悪さと気分がすぐれない母は苦しくなったようで、顔をゆがめだしていた。
私は、母の背中をさすってあげるしかなかった。


半年間、T病院にお世話になった後はどうするか?などはこの時は何も考えられなかった。


ただ、街中は相変わらずの風景で、その中を走る軽車両から地図ではわからない病院までの行き方を確認するようにしようと思っていた・。


やがて、山道を走りだした軽車両は橋を渡った。
そして橋を渡った途端に道がなくなった・・・、と私は思い込んだ。


前方は道ではなく、階段であったためどうするのだろうか?と思った。
その先がT病院だけれど・・・、私は運転手の女性の顔をのぞきこんだ。


彼女はなにもいわずそのまま、階段を軽車両でゆっくりとおりていった。


階段のあるスロープをよく見ると、両サイドに車両が利用できるような細い道筋のようなものがあった。


運転手の彼女はこれを利用して降りていった。


しばらくして建物が見えてきた。
しかし、軽車両は玄関のある建物には止まらず、右に大きく曲がった。


するとガレージに続く門があり、軽車両はそのまま入っていった。


「ここがT病院です。」
運転手の彼女は私たちに告げた。

悲しい思い出36

転院先のわずかな数のリストの中に、聞き覚えのある名前があった。


「T病院」


この病院も半年間だけは比較的安めの値段設定だった。


とはいえ、1日の部屋代はバカにならないものであったが、ここの病院は最初の高額な準備金が要らないところだった。


介護施設のある病院で万が一、患者が亡くなると、準備金の戻し率が低いのはどこも一緒だったが、ここでは準備金が必要とされなかった。
そのうえ、準備金がない分高い値段になるということもないようだった。


この時の母の容態は、激痛のあまり朝晩の生活が反対となっていた。
だからこそ他の患者の迷惑も考えて、とりあえず個室のある病院しか選べなかった。


T病院の病室は個室だけの構成であった。
ひとまず、もう少し落ち着いてくれないと家での介護は無理だと私は思った。


転院の日がやってきた。


行先はT病院。


けれど、この日がくる2、3日前には私は焦っていた。


当時は患者を運ぶ車両がなかったからだ。


寝台車・・・、病院に提示されたが、それはあまりよい響きではなかった。
父が亡くなったときに、父を乗せたという印象が強かった。


今なら当たり前に調達できるだろうけれど、介護付きの車両は殆どわからなかった。
仕方なく電話帳を見て呼んだ車は軽車両で車椅子が、かろうじて運べるかなといったものだった。


母と私を乗せた軽車両は、決して乗り心地のよいものではなかった。


市内から少し外れたT病院、これから母と私はどうなるのだろうか?と不安であった。